●立山黒部アルペンルート tateyama・kurobe

日本の屋根・北アルプス後立山連峰と立山をぶち抜き、富山まで続く立山黒部アルペンルート。全線90kmの豪快なたびを気軽に楽しみながら、ダイナミックな眺望が味わえる。
 信州側からは、安曇野大町市の大町アルペンラインで扇沢へ。ここまではマイカーもOK、バスは40分の道のりだ。マイカーは扇沢駅駐車場に置くか、富山側への回送システムを利用。扇沢駅から標高2678mの赤沢岳を貫くトンネルはトロリーバスで黒部ダム駅まで16分。高さ186m、堤492m、総貯水量2億t。日本最大のアーチ式ドーム型の黒部ダムは、立山連峰と張り合う堂々のモニュメントだ。ダム駅屋上には展望台。青空をバックに悠然と聳える峰々、眼下に満々とエメラルドグリーンの水をたたえたダム湖。湖上巡りの遊覧船体験も爽やかさを加速する。
 ダムからさらに地下ケーブル・ロープウェイと乗り継いで大観峰へ到着。ここは御来光の名所、展望台から見る後立山連峰の大パノラマも実に圧巻。大観峰から立山トンネルバス10分で室堂平。ここから雄山山頂標高3003mまで往復4時間のパノラマ登山コースもある。下りは徒歩で3時間30分、弥蛇ヶ原に到着すれば美女平までは35分のバスの旅。花と高原の美しい景観が楽しめる素敵なコースをたどり、後はケーブルと電車で富山へと向かう。4月初旬〜11月末まで営業。 
問/くろよん観光総合センター 0261-22-0804

【全線開通予定日】
 2019年4月15日(月)
 (電鉄富山〜立山駅〜扇沢〜信濃大町間)
 
【部分開通予定日】
 2019年4月10日(水)
 (電鉄富山〜立山駅〜弥陀ヶ原間)
 ※扇沢〜室堂間は全線開通に合わせて4月15日開通
 

■2019年4月15日(月)〜6月22日(土)の間「雪の大谷フェスティバル」開催。


※信州側信濃大町から立山室堂までは、日帰りで十分楽しめます。

立山黒部アルペンルート公式HP




春の立山ロープウェイ(4月下旬)
トロリーバス、黒部ダム、黒部渓谷
黒部ケーブル、立山ロープウェイ、大観峰
立山トンネルバス、室堂、雪の大谷

たびネット信州 www.tabinet-jp.com ©Sankosya Inc. All rights reserved.