●さらしな・姨捨 名月の里

「信濃では月と仏とおらがそば」
さらしな姨捨といえば、名月とそばの代名詞

「信濃では月と仏とおらがそば」
さらしな姨捨といえば、名月とそばの代名詞

千曲市の姨捨は名月の里として全国に知られる。古くは平安時代の紀貫之から、
この 地の月に心ひかれてやってきた文人・歌人は限りなく、漂白の俳人・松尾芭蕉は
ひと月半もの旅を経てこの地を題材にした「更科紀行」を記したという。今でも三峰山の
懐には100uに満たない小さな棚田が2000余りも連なり、のどかな日本の原風 景をつくり出している。
芭蕉も訪ねたという観月の寺・長楽寺や阿弥陀四十八願にち なんで名づけられたという
四十八枚田の田毎の月など、月にちなんだ名勝も多数。秋 の中秋の名月の頃には観月祭も開かれ、
名月の照らす秋の夜長を楽しませてくれる。
問/千曲市経済部商工観光課 TEL 026-275-1753


長楽寺より中秋の名月
(長楽寺は観月の名所として古くから知られる天台宗の寺。松尾芭蕉はじめ多くの文 人墨客が訪れ、50もの句碑が立ち並ぶ。信濃三十三観音14番札所であり、境内には百 体観音が並ぶ。TEL 026-273-3578)

場 所 長野県千曲市八幡
交 通 車:長野自動車道更埴ICから8km、15分
電車:しなの鉄道屋代駅下車、タクシー15分 詳細マップはこちら
問合せ 千曲市経済部商工観光課 TEL 026-275-1753
公式サイト http://www.city.chikuma.nagano.jp/
エリアガイド たびネット信州エリアガイドヘ

たびネット信州 www.tabinet-jp.com ©Nagano Tectron Co.,Ltd All Rights Reserved.