榊祭り(さかきまつり)

2018年8月15日(水) 長野県佐久市望月


激しくあおり合う榊神輿
 
松明を手に山を駆け下る
 
鹿曲川に松明が投げ込まれる
 
勇壮な獅子舞
 
望月小唄の民謡流し


松明を川に投げ入れ、神輿をあおり合う佐久の奇祭!

毎年8月15日に旧中山道望月宿一帯で行われるお祭り。このお祭りは、火と榊によって一切の不浄を払い浄め、五穀豊穣と無病息災を祈願する、室町時代から続くと云われている伝統ある祭り。数百人の若手の住民が松明を手に松明山を駆け下り、次々と松明を鹿曲川へと投込みます。やがて、町内に望月小唄を踊り歩く民踊流しが始まると、笛の音と供に勇壮な獅子と榊神輿が繰り出し、神輿をあおり合い(ぶつけ合い)、水を掛け合いながら街道を勇壮に練り歩きます。

 
開催日時 2018年8月15日(水) 13:20〜23:00  ※毎年同日
開催場所 長野県佐久市望月(旧中山道望月宿一帯)
詳細マップはこちら
交 通 車:上信越道佐久ICより県道44号、約14km
電車:JR長野新幹線佐久平駅下車、バス約20分
駐車場 臨時駐車場数ヶ所有り
問合せ 佐久市望月支所経済建設課 TEL 0267-53-3111(代)
公式サイト http://www.sakukankou.jp/ (佐久市観光協会)

たびネット信州エリアガイドヘ



たびネット信州 www.tabinet-jp.com ©Nagano Tectron Co.,Ltd All Rights Reserved.